1.挨拶状の書き方
←前へ戻る

退職が決まったら、なるべく早い時期に「挨拶状」を送ります。

「挨拶状」はハガキに書くのが一般的で、お世話になった社外の方々にむけて送ります。
文面は手書きでも、パソコンで編集して印刷したものでもどちらもOKです。

【挨拶状:例文】
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、私は○○月○○日をもちまして、○年間勤務いたしました株式会社○○を円満退職し、○○月○○日より新しい職場に勤務いたすこととなりました。
在勤中は、長年にわたり公私ともに格別のご高配を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。
今後は、従来にも増して一生懸命努力していく所存でございます。
何卒、今後とも一層の御愛顧御支援を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら、書中をもって御挨拶申し上げます。
末筆で失礼ながら、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。 敬具

平成○○年○○月○○日


次へ進む→

[PR]ケータイで履歴書が作れる!!
新規会員登録(無料)
会員ログインする
退職と転職の手続きTOPへ
TOPページに戻る

ピックアップコンテンツ
志望動機の書き方
自己PRの書き方
面接コラム
看護師の求人
薬剤師の求人
臨床検査技師の求人

Copyright2017 LIS co.,ltd.
All rights Reserved.