面接採用の舞台裏〜面接官の不安を察知!

(取材・文/朝倉昭)2004.09.15

←前に戻る

採用は『両刃の剣』

 どこの会社も人員不足――「いい人がいれば直ぐにでも欲しい!」
 淡々とした求人広告からも、そんな裏の声が聞こえてきます。

 とはいえ、どんな面接官でも、採用を誤れば大変な目に合います。現場採用の場合でも自分の部下を選ぶのですから慎重です。人事総務採用でも、見込みのない人を役員面接などに通すだけでも評価がガクンと下がります。なにしろそれが理由で人事を解任された人もいるほどですから――。


面接官が気にする「個性」とは?

 ひとくちに「個性」といっても、採用の場面では「職務特性」のことを言います。これは大きく分けて二種類あり、ひとつは専門性(特技など)、もうひとつはコミュニケーションです。
 なかでもコミュニケーションの意味は複雑ですが、実のところ、面接官の目論みはもっと具体的なところにあります。人間性の評価――というよりも...

■続き(以下のコンテンツ)は、しごとナビに登録・ログイン後にご覧になれます。
会員ログインする
しごとナビにまだ登録されていない方は → こちらから登録できます。

しごとナビ登録をすると、「履歴書の自動作成機能」「企業からのスカウト」など、さまざまな機能を利用できます。

( 内容の続き )
■面接官が気にする「個性」とは?
・面接官の目論みはどこにあるか?

■素朴な疑問〜ウチの会社でなにがしたい?〜
・入社動機で重要なこと

■入社すればこっちのモノ!
・面接官があなたという人間に求めるもの


次章 「面接終了:ここでも差がつく戦略」
次へ進む→

しごとナビなら、仕事が探せる。登録はこちらから。
新規会員登録
会員ログインする

お問い合わせ
面接コラムに戻る
TOPページに戻る

ピックアップコンテンツ
志望動機の書き方
自己PRの書き方
面接コラム
看護師の求人
薬剤師の求人
臨床検査技師の求人

Copyright2017 LIS co.,ltd.
All rights Reserved.