2.退職願の書き方
←前へ戻る

次に、具体的な退職願の書き方をご紹介します。


(1)封筒:
表紙に「退職願」、裏には自分の所属部署・氏名を書きます。



(2)本文:
A)題名:
「退職願」と書きます。

B)文頭:
「私儀(わたくしぎ)」か「私事(わたくしごと)」と書きます。「私は」の意味となり、謙譲の意味を込めて一番下から書き始めます。

C)本文:
「このたび一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。」とします。
※退職理由:特別な理由はいりません。「一身上の都合」にします。詳しい事情がある場合は、上司に口頭で伝えましょう。
※退職日:提出する日から1ヶ月後を目安にします。給与の締め日や月末など、区切りのよい日を選ぶとよいでしょう。

D)提出年月日:
「平成○○年○○月○○日」と提出する日を記入します。

E)部署・氏名・押印:
「○○部 ○○課
  しごとナビ 太郎 印」
とします。

F)宛名:
「○○○○株式会社
 代表取締役社長 ○○ ○○ 殿」

会社の最高責任者で、敬称は「殿」です。自分の名前よりも上にくるようにしましょう。

(3)書き終わったら:
コピーをとっておきましょう。日付間違い等、会社間とのトラブルを防止する意味でも、提出日・退職日を忘れないようにすることがベストです。

次へ進む→

[PR]ケータイで履歴書が作れる!!
新規会員登録(無料)
会員ログインする
退職願の書き方TOPへ
TOPページに戻る

ピックアップコンテンツ
志望動機の書き方
自己PRの書き方
面接コラム
看護師の求人
薬剤師の求人
臨床検査技師の求人

Copyright2017 LIS co.,ltd.
All rights Reserved.