面接採用の舞台裏〜適性検査というクセ者

(取材・文/朝倉昭)2004.09.15

←前に戻る

適性検査は複雑怪奇!

 いま多くの会社で行われている適性検査。SPIだけでも、上場企業を中心に、およそ一万社ほども採用しているようです。その他にも「YG性格検査」、「GAB検査」など、その種類は驚くほど多くあり、求職者はもちろん、人事担当者にとっても大きな悩みのタネになっています。
 まず厳密に言えば、「人格検査」と「能力検査」は、目的と判断方法が違います。そして「適性」の意味合いですが、これは心理学者の中でも定義に争いがあることをご存知でしたか?
 つまり試験を受けたその人が「適性か否か」、「有能か否か」という診断は、一般的な検査だけでは分かりません。

 ところでわたしの経験上、こんなことがありました。入社試験の能力検査で、驚くべき天才と出合ったことがあります。しかし結果は不採用。理由は、ほかに会社の雰囲気に合いそうな人がいたからです。雰囲気があえば、人間は驚くほど成長しますから――。


適性検査を採用する理由

 よく耳にする言葉として、「将来性のない人を落とすため」とありますが、適性検査にそんな効果はありません。ですが、悲しいことに現実では、試験の...

■続き(以下のコンテンツ)は、しごとナビに登録・ログイン後にご覧になれます。
会員ログインする
 しごとナビにまだ登録されていない方は → こちらから登録できます。

 しごとナビ登録をすると、「履歴書の自動作成機能」「企業からのスカウト」など、さまざまな機能を利用できます。

( 内容の続き )
■適性検査を採用する理由
・適性検査の本旨

■どの検査にも共通する「やり方」
適正検査で評価を上げる方法

適性検査で落とされた?
・人事が適正検査より重視するもの

■最後に―-
・よくある適性検査の特徴

次章 「これが書類選考の現場だ」
次へ進む→


しごとナビなら、仕事が探せる。登録はこちらから。
新規会員登録
会員ログインする

お問い合わせ
面接コラムに戻る
TOPページに戻る

ピックアップコンテンツ
志望動機の書き方
自己PRの書き方
面接コラム
看護師の求人
薬剤師の求人
臨床検査技師の求人

Copyright2017 LIS co.,ltd.
All rights Reserved.